任意整理後の個人再生が可能でしょうか?

公開日: 相談日:2021年10月13日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
半年程前に任意整理を行い、家賃の更新料が足りずオンラインカジノで取り戻そうとしてさらに負債を増やしてしまいました。
ちなみにまだ債権者には任意整理後2回しか支払っていません。
妻には内緒で借金を返済しようと思っていたのですが、どうしようもなく借金があることを打ち明けて個人再生を新たに弁護士に依頼しようと思っています。

【質問1】
直近のデビットカードでオンラインカジノの通帳利用履歴が原因で個人再生が出来ない可能性は高いでしょうか?

1074365さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    直近のデビットカードでオンラインカジノの通帳利用履歴が原因で個人再生が出来ない可能性は高いでしょうか?

    書かれたこと自体は,小規模個人再生を申し立てるうえで,支障になりません。ただ,書かれたことに関係する業者の債権額が総債権額の過半数を超えていると,当該業者の意向に従わない限り不同意意見を出されて,不認可になるリスクがあるだけです。

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    タッチして回答を見る

    個人再生の場合,浪費という事情は基本的に障害になりません。ただ,ギャンブルによる借金の場合,申立て後や認可後に再びギャンブルに手を染めるようなことがないかどうかを確認した上で開始決定の判断をすることになるかもしれません。

  • 相談者 1074365さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    また任意整理してすぐに個人再生だと印象が悪くなり、債権者に却下されることことが多くなるのでしょうか?
    現在カード会社200万初回借入から5年以上
    消費者金融A 82万借入から4年以上
    消費者金融B 67万円借入から1年以上

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    経験上,任意整理を経ていることはあまり問題になりませんが,もし個人再生における再生債権者がその3社だけであるとすれば,カードが債権額で過半数を占める債権者になるため,少なくともカード会社には事前に説明しておく必要がありそうです。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す