奨学金の個人再生について

公開日: 相談日:2021年07月17日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
日本学生支援機構の奨学金の個人再生手続きについて

減額返済や返還猶予してもらっても返済が滞りがちになっております。
そのため返還猶予期間中ですが、猶予が終わっても返済が厳しい状態のため個人再生検討してます

【質問1】
日本学生支援機構の奨学金は個人再生できますか?

1046500さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    タッチして回答を見る

    特に問題なく,再生債権として取り扱うことができます。なお,機関保証ではなく人的保証の場合は,保証人及び連帯保証人が(減額された部分の)支払義務を負うことになります。

  • 相談者 1046500さん

    タッチして回答を見る

    機関保証なので問題ないかと思います。

    個人再生するときは原則 居住の北海道しか弁護士を探せないのですか?

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    タッチして回答を見る

    そのようなことはありませんが,裁判所の運用基準は地域によって細かな違いがあり,管轄地で活動している弁護士は書式や運用基準などを熟知しているはずですので,地元の弁護士へ依頼するのがベターだと思います。

  • 相談者 1046500さん

    タッチして回答を見る

    北海道内の弁護士さんからは
    日本学生支援機構が相手ならお受けすることは出来ないのでお断りと言われました。
    法テラスも利用できない状況です

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました