CICに支払済みだと認識していた残高がありました。今後のことについて教えてください。

公開日: 相談日:2021年06月07日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
CIC開示請求をしました。
もう支払済だと思っていたのに残高がありました。
-------------
契約日H19.3月
返済状況=異動 (発生日)H28年4月
確定日=H28年7月 残高 70,328円(請求額欄は7万)
保有期間は空欄で支払状況は過去すべてAです。
-------------
相手は消費者金融で法廷和解(H26.10)になり、毎月支払いは消費者金融へしていたのですが、繰り上げ返済することになり債権回収会社Aが入っていたのでH28.5月債権回収会社Aに残金を振込みました。これで完了したはずだったのに残高がありショックでした。残高の督促は一度もないです。

消費者金融は最後にこちらが振り込んだ日付を異動日にしていました。

【質問1】
①消費者金融に電話連絡をして支払うことになるとすれば、残高70,328円に振込日までの多額の利息を請求されますか?残金を支払った債権回収会社Aに問い合わせるのでしょうか?

【質問2】
②時効の援用という言葉をこちらのQ&Aで初めて知りました。私の場合H28.7が確定日なので今年の7月以降にできるのでしょうか?また例外とかありますでしょうか?

【質問3】
③今後の最善の対応、対策、気を付けること等なんでもよいのでアドバイスをお願いします。よろしくお願いします。

1033337さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    ①消費者金融に電話連絡をして支払うことになるとすれば、残高70,328円に振込日までの多額の利息を請求されますか?残金を支払った債権回収会社Aに問い合わせるのでしょうか?
    【質問2】
    ②時効の援用という言葉をこちらのQ&Aで初めて知りました。私の場合H28.7が確定日なので今年の7月以降にできるのでしょうか?また例外とかありますでしょうか?
    【質問3】
    ③今後の最善の対応、対策、気を付けること等なんでもよいのでアドバイスをお願いします。よろしくお願いします。

    法廷和解した金額が完済されているのであれば、法的な残債務はなく、時効の援用をする理由も必要もないでしょうし、法廷和解した金額が完済されずに残っているとすると、その残っている残債務についての時効期間は、「確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利」として10年となり(民法169条)、現時点ではまだ時効の援用ができないでしょう。ただ、いずれにしても、CICの異動情報は、契約中でなければ、基本的には5年で削除されるとされていますので、暫く様子を見たらいいのではないかと思います。


  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    ①消費者金融に電話連絡をして支払うことになるとすれば、残高70,328円に振込日までの多額の利息を請求されますか?残金を支払った債権回収会社Aに問い合わせるのでしょうか?

    そもそも、払う必要はありません。
    まずは、債権回収会社Aに支払済であることの確認をしてみてください。
    他方、債権回収会社Aは信用情報機関に加盟していませんので、信用情報に関する確認は、消費者金融に問い合わせる必要があります。

    【質問2】
    ②時効の援用という言葉をこちらのQ&Aで初めて知りました。私の場合H28.7が確定日なので今年の7月以降にできるのでしょうか?また例外とかありますでしょうか?

    起算点は、H26.10で、裁判上の和解が成立していると、そこから10年です。
    なので、残念ながら、本件では時効の援用は難しいと思います。
    ただ、繰り返しますが、支払っているなら、そもそも時効を考える必要はありません。

    【質問3】
    ③今後の最善の対応、対策、気を付けること等なんでもよいのでアドバイスをお願いします。よろしくお願いします。

    消費者金融に問い合わせて状況を確認してください。
    特に保有期間はいつまでなのかと。

    また、消費者金融に対し、債権回収会社へ債権を譲渡したのか、回収を委託したのか、確認してみてください。
    債権を譲渡した場合、信用情報には「移管」と表記されるはずです。
    回収の委託なら「異動」というのもわからないではないですが。

    ただ、だとしたら、支払ってから5年後に異動が消える旨の保有期間の表記がないと不自然です。

    何か対応がズレている気がしますので、消費者金融に問い合わせてみることをお勧めいたします。

    ご参考までに。

  • 相談者 1033337さん

    タッチして回答を見る

    ご連絡遅くなり申し訳ありませんでした。
    村上先生、齋藤先生お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。
    何度も読み返しましたが、最後に教えてください。

    質問1
    CIC情報開示の31と47の終了状況が空欄です。
    空欄は「契約が継続中のもの」とCICの情報開示の見方に書いてありました。
    なので「契約中」と書いていなくても契約中になり5年では消えず一生残りますか?

    質問2
    消費者金融に連絡をしてしまうと、この残高の詳細や明細などを請求してしまったら払う払わないにしろまたそこから確定日になってしまうということにはならないでしょうか?それが怖くて確認の連絡を躊躇しています。

    以上になります。
    たびたび申し訳ございませんよろしくお願いします。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    なので「契約中」と書いていなくても契約中になり5年では消えず一生残りますか?

    いえ、そもそも延滞が続いて裁判に至っているのであれば、強制解約されているはずです。
    ここを確認される必要があると思います。


    消費者金融に連絡をしてしまうと、この残高の詳細や明細などを請求してしまったら払う払わないにしろまたそこから確定日になってしまうということにはならないでしょうか?

    消費者金融が債権回収会社に債権を譲渡しているのか、単に債権回収の委託をしているに過ぎないかが、1つのポイントです。
    既に債権譲渡しているなら、消費者金融は債権者ではありませんので、何を話しても債務承認には当たらないですよね。

    仮に債権回収の委託であるにしても、あくまで「信用情報の話」であることを明確にして、債務の存在を認める発言をしなければ、債務承認にはあたりません。
    録音されておけば確実ですが、消費者金融はそもそも会話を全部録音しています。
    ここの自信がなければ、弁護士にご依頼ください。
    細心の注意を払って、確認してもらえると思います。

  • 相談者 1033337さん

    タッチして回答を見る

    齋藤先生、早々に回答いただきありがとうございました。
    もともと信販会社Pの債務消費者金融と合併して消費者金融に毎月支払いをしていましたが、繰り上げ返済はどういういきさつか忘れてしまいましたが債権回収会社Aに振込しました。支払いが終わってから書面は和解内容確認書しか手元残しておらず何もわからない状態です。
    譲渡か委託とか難しくて聞くことも難しそうなので弁護士さんにお願いするしかないと思いますが、このような案件は全国どこの弁護士さんにお願いできるのでしょうか?料金も変わらないでしょうか?いろいろ聞いて申し訳ありません。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    このような案件は全国どこの弁護士さんにお願いできるのでしょうか?

    基本的には可能と思いますが、できれば、債務整理のご経験のある先生の方がいいと思います。

    料金も変わらないでしょうか?いろいろ聞いて申し訳ありません。

    料金については、個別の弁護士の判断になりますので、なんとも言えないですね。

    個人的には、高額にする必要のない案件と思いますので、事前に確認出来るなら確認された方がいいと思います。
    相見積りを取られた方がいいと思います。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す