お気に入りに追加
三上 大介弁護士

( みかみ だいすけ ) 三上 大介

現在営業中 09:00 - 17:30

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:95 件/匿名回答数:0件

限度が4分の1というのは、強制執行として給与の差押えなどを行った場合の上限のことかと思います。 当事者同士で分割払いとするのであれば、特に上限などはありませんので、お互いに了承した金額で定めれ...

回答日 2020年06月12日 13:12
この回答がある質問
不倫慰謝料

いえいえ!どうか頑張ってください!

回答日 2020年06月11日 21:50
この回答がある質問
婚姻費用

公示送達が不可というのは、不当です。諦めるのはまだ早いと思います。 従来の財産開示手続では、債務者が出頭して財産を開示することを目的とする制度であることから、公示送達は行われないこととされてい...

回答日 2020年06月11日 13:28
この回答がある質問
婚姻費用

すみません、前の質問を見落としていました。 調停中に住所が変更されていて、調停調書には変更前の住所が記載されているという状況なのですね。 そのような場合でも戸籍の附票などで住所変更が確認でき...

回答日 2020年06月11日 11:26
この回答がある質問
養育費

調停が成立した後に住所が変わったという場合、調停調書に記載の住所を変更することはできません。事後的に住所が変わったものであり、調停調書に記載の住所が間違っていたというわけではないためです。 &...

回答日 2020年06月11日 10:59
この回答がある質問
養育費

慰謝料については、公正証書で一度取り決めした以上は、減額するのは難しいと思います。 ただ、どうしてもという場合、自己破産を行えば、免責を受けて支払義務がなくなる可能性が高いかと思います。 ま...

回答日 2020年06月10日 23:56
この回答がある質問
離婚慰謝料

連帯保証などをした場合は別ですが、基本的には、そちらの慰謝料については、夫が個人として支払義務を負うものであり、夫婦の連帯債務でもありませんので、妻は関係ありません。そのため、妻が支払義務を負うこと...

回答日 2020年06月10日 22:42

そちらの慰謝料については、夫婦で協力して築いた財産にはあたりませんので、夫婦の共有財産とはなりません。 ただ、ひとつ注意点があります。 慰謝料は振込みで支払ってもらっているかと思います。...

回答日 2020年06月10日 22:16
この回答がある質問
不倫慰謝料

そのように給付金を借金の返済にあてるように求める発言は、不相当だったと思います。ただ、あくまでも検討のお願いとしての発言であったようにも見受けられ、違法とまでは言えないように考えます。 特別定...

回答日 2020年06月10日 19:27
この回答がある質問
差し押さえ

追加のご質問にもご回答します。 > 4月に認知と養育費の調停を同時に申し立てていますが、認知をされた日から養育費が発生するのでしょうか? ⇒ 認知は、出生の時にさかのぼってその効力を...

回答日 2020年06月10日 18:35
この回答がある質問
養育費

1.について 養育費については、請求時が始期となります。一般的には、調停を申し立てた時点が請求時と考えられますので、受け取りの始期はこの時点を基準として考えられます。そのため、調停期日が先延ばしと...

回答日 2020年06月10日 17:24
この回答がある質問
養育費

追加のご質問に回答します。 > 時価額を決めるというのは、誰が判断するのでしょうか。精算したい共有財産は1年以内に購入した物です。 購入した物にもよりますが、例えば、査定業者から査...

回答日 2020年06月10日 16:56
この回答がある質問
財産分与

どこまでが夫婦共有財産になるのかというご質問ですが、財産分与の問題として、基本としては、別居時点に存在する財産の残高を基準として、その時点でのプラスの財産を分け合うことになります。 結婚期間中に使...

回答日 2020年06月10日 15:36
この回答がある質問
財産分与

調停は基本的には当事者の話し合いによる解決を目指す手続きです。養育費のように基準となるものがある場合は別として、基本的には当事者から希望を確認して、それをベースに解決を目指していくことが多いかと思い...

回答日 2020年06月10日 15:07
この回答がある質問
離婚慰謝料

①について 該当すると思います。 原案などは相談者様が提供したのかもしれませんが、公正証書であれば、公証人がチェックした上で作成しますので、その点は大丈夫かと思います。 ②について 強制...

回答日 2020年06月09日 18:36
この回答がある質問
養育費

色々な意見があり得るところですので、一つの参考と捉えていただければと思います。 今回のような場合、①そもそも、養育費の金額についての明確な合意があったのか、②合意があった場合には、それを変更す...

回答日 2020年06月08日 16:44

> ①本当に無職になった場合、養育費はまったくもらえなくなってしまうのですか? ⇒ 無職になったとしても、本当は働けるのにわざと無職になった場合などには、従前の収入額や賃金センサスなどの資...

回答日 2020年06月08日 13:02
この回答がある質問
モラハラ

大丈夫です。 単語などの強調や注意の意味合いでそういった傍点をつけることは、よくある表現ですので、上告理由書上で使用いただいても問題ないかと思います。

回答日 2020年06月05日 20:28

残念ながら、罪にはなりません。 配偶者間や親子間での窃盗や横領などは刑が免除される、つまりは罪にならないと、刑法で定められています。

回答日 2020年06月05日 11:50

1.について 不倫相手の連絡先を調べて教えることと、子どもに面会することは、まったく別の問題です。そのため、まず従う必要はないと思います。そもそも、基本的に、不倫相手の連絡先を調べる義務自体、ない...

回答日 2020年06月04日 20:24
この回答がある質問
不倫慰謝料

そのような理不尽な言動、残念ながら常識は通用しないのかもしれません。 推察するに、単にその女性の肩を持っているだけなのかもしれませんし、しらばっくれているということであれば、不倫など存在しない...

回答日 2020年06月03日 20:51
この回答がある質問
不倫

1.について ご記載の事情ですと、相手方の言動が発端であり、改善をしてくれなかったために、やむなく婚約破棄に至ったという経緯かと見受けられます。相手方がどう主張するかはわかりませんが、現段階では、...

回答日 2020年06月03日 18:31
この回答がある質問
婚約破棄

①について 確かに、不貞慰謝料の問題と、連帯保証人の問題は、それぞれ別の問題ですので、それを交換条件のように扱われたのは、筋が通らないような印象を受けます。 ただ、公正証書の作成が済んだ後になっ...

回答日 2020年06月03日 18:20

> 裁判や、慰謝料請求はされることあるのでしょうか? 慰謝料を請求する裁判を起こされる可能性はあるかと思います。 ただ、それと慰謝料が認められるかは別の問題です。 基本的に、...

回答日 2020年06月03日 14:57

養育費は、扶養されるべき未成熟子の養育のための費用です。 そのため、子が就職し経済的に自立する状態になった場合には、未成熟子の状態を脱したものとして、養育費を支払う必要はない、ということになるかと...

回答日 2020年06月03日 14:36

> 回収は可能でしょうか。 実際に成功するかどうかは状況次第ですが、可能性はあります。 調停で解決金の取り決めをしたということであれば、強制執行が可能かと思います。 戸籍の附...

回答日 2020年06月03日 00:26
この回答がある質問
離婚慰謝料

追加のご質問にもお答えします。 ご記載の事情から、未成年のお子様がいないという前提で回答しますが、その収入にて算定表にあてはめますと、月額4~6万円になるかと思います。 当然、お子様の人...

回答日 2020年06月02日 23:46
この回答がある質問
財産分与

①財産分与について 基財産分与は、夫婦で協力して形成された財産を分け合う制度ですので、基本的には、別居時点を基準として、夫婦のプラスの財産とマイナスの財産をトータルで見たときのプラス分を分け合...

回答日 2020年06月02日 20:58
この回答がある質問
財産分与

1について ケースバイケースであり、別居に至る経緯や、お互いの収入額、住宅ローンの金額、学費の金額や内容などの事情によるところではありますが、考慮される余地はあると思います。 2について ...

回答日 2020年06月02日 15:33
この回答がある質問
婚姻費用

①、②について 面会交流の条項に入れても特に違和感はないように思います。 ただ、条項が長くなってしまう場合には、別の条項として、例えば、「子に対する配慮」「面会交流に対する配慮」などというタイト...

回答日 2020年06月02日 14:34
この回答がある質問
面会交流

1 - 30 件を表示/全 95 件

現在営業中 09:00 - 17:30

三上 大介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5258-6896
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談