永井 敦史弁護士 ながい あつし

永井 敦史弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
愛知県 2

永井敦史法律事務所

愛知県名古屋市緑区青山3-23BLDGロッキー201
現在営業中 09:00 - 17:30
電話番号 050-5280-2878

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名226 件/匿名:0件

1.裁判は、主張と証拠を区別しますので、反論があるのであれば、準備書面で反論の主張をするべきです。 2.相手方の主張を認めるのか、認めないのかという点については、例えば、 被告準備書面第1項記載...

回答日 2019年02月22日 19:31

弁護士が訴状を書く場合は、請求の趣旨に「…の行為に関して」というのは通常入れません。 請求の趣旨は、例えば、「被告は、原告に対し、100万円及びこれに対する平成〇年〇月〇日から支払済みまで年5分の...

回答日 2019年02月07日 12:13

民法718条は、「動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。」と規定していますので、立証ができれば、治療費や慰謝料の請求は可能だと思います。 犬は噛んでいないということで、そ...

回答日 2019年02月04日 19:53
この回答がある質問
ペットのトラブル

前の相談の続きだと思うのですが、手帳1月分が乙〇号証ならそれを一括りにしてホッチキス止めしてして、全体をホッチキス止めしなくてもいいようにも思います。 ただ、全体をホッチキス止めしてはいけないとい...

回答日 2019年02月02日 11:48
この回答がある質問
裁判離婚

保険を使うかどうかは支払時期とは関係ないと思います。 労働審判で調停が成立すれば、問題なく和解金が支払われることが多く、調停が成立したのに支払わないのかレアケースだと思います。

回答日 2018年12月26日 15:46
この回答がある質問
労働審判

限定承認は、相続財産を清算するため手続です。資産があれば、それをお金に変えて借金の返済に充てなければなりません。限定承認をする場合に団信保険が出るのかも要確認だと思います。 負債を返済して余れば相...

回答日 2018年12月26日 12:09
この回答がある質問
限定承認

そもそも労災関係の事件を労働審判で扱いにくいと思います。 3回の期日で話合いでの解決を模索する労働審判において、労災なのかどうかが問題とされると労働審判で処理することが困難ですので、終了させられる...

回答日 2018年12月12日 18:48

判決書は、受け取る人を限定する特別送達でなされます。 確かに判決の言渡し日から数日以内に届くことが多いと思いますので、少し遅いかもしれませんね。

回答日 2018年12月11日 17:22
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

遺産分割協議は話合いで財産を分けますので、相続人に判断能力が必要です。認知症で判断能力を欠く場合には、成年後見人を付す必要があります。認知症の程度によっては、成年後見人ではなく、一つ下の保佐人になる...

回答日 2018年12月10日 19:31
この回答がある質問
相続

相続税については、原則として、申告期限から5年で時効になります。 申告期限は、亡くなってから10ヵ月後ですので、他会したのが6年半前であれば、時効期間は過ぎているように思います。 但し、偽りその...

回答日 2018年08月28日 18:53

そのとおりです。

回答日 2018年08月24日 19:13
この回答がある質問
離婚・男女問題

どちらの扶養にするかによって、住民税が課税されるかどうかが変わってくる可能性があります。 どちらの扶養にするかどうかが親権の行方に影響を与えるとは考えにくいと思います。

回答日 2018年08月23日 14:41
この回答がある質問
離婚・男女問題

死亡保険金は相続財産ではないと考えられています。 出資金は通常相続財産です。 出資金が振り込まれたことが、民法921条1号の「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」に当たるかどうかが問題...

回答日 2018年08月02日 12:10

弁護士の事務所で遺言を書いたとしても、それを保管しているかどうかは別問題です。 公証役場とは違い、保管することは保障されていません。むしろ、遺言書の原本は保管することを特に契約していない限り、保管...

回答日 2018年07月26日 16:15
この回答がある質問
相続

親族間であっても贈与税は生じますので、贈与税が発生することになろうかと思います。 住宅取得等資金を贈与した場合の贈与税の非課税も適用が難しいような気がします。 ご両親から相談者様に贈与する形...

回答日 2018年06月15日 11:37

相続放棄をしなければ、お母様と相談者様になります。 相続放棄をすると、その方は納税義務は引き継ぎません。

回答日 2018年06月07日 19:54
この回答がある質問
差し押さえ

相続人が法定相続分に従って相続することになります(国税通則法5条)。 世帯主が一人で負担するのではありません。

回答日 2018年06月07日 19:46
この回答がある質問
差し押さえ

課税処分に不服があるなら、再調査の請求又は審査請求をすることが考えられます。

回答日 2018年06月07日 19:40
この回答がある質問
税務訴訟

1.可能です。 2.海外に居住している方であっても、贈与税がかかる場合には、翌年の2月1日から3月15日までの期間内に贈与税の申告をし、3月15日までに納付することが必要になります。   申告し...

回答日 2018年03月30日 17:58

相続分の譲渡のことでしょうか。 相続の紛争に関わりたくないということで、相続分を他の相続人に譲渡することはあります。 相続分譲渡証書を作成するのが一般的です。 その場合、遺産分割調停が不成立に...

回答日 2018年01月24日 15:43

相続により財産を取得した者が被相続人から3年以内に贈与を受けていた場合には、その財産は相続財産に加算して相続税を計算します(生前贈与加算)。 しかし、それは税金の計算上の話であり、民法上の話ではあ...

回答日 2018年01月24日 15:37

よく分からないのですが、従業員としてその会社の新店舗の開店準備を担当していたということでしょうか。 従業員が辞めても、別の従業員を当てればよく、店舗改装費用が無駄になるということにはならないため、...

回答日 2018年01月15日 17:01
この回答がある質問
退職 損害賠償

租税特別措置法70条により、相続により取得した財産を取得後申告期限までに一定の団体に贈与した場合には、その財産は相続税の課税対象でなくなります。 私は、取得した財産を申告期限までに贈与すればよいと...

回答日 2017年12月18日 22:04
この回答がある質問
相続

このケースは婚約不履行に基づく損害賠償請求が可能と思われます。

回答日 2017年12月18日 20:39
この回答がある質問
養育費

1.営業妨害になり得えることをお伝えして、お引き取り願うという方法があると思います。また、場合によっては、警察を呼ぶことも必要かもしれません。 2.別居するのはその人の判断ですが、それまでの生活(...

回答日 2017年12月07日 13:53
この回答がある質問
性格の不一致

不法行為が成立する場合には、加害者に損害賠償をする義務が生じます。それは逮捕の有無とは別問題です。そして、加害者の死亡により、相続人がその損害賠償義務を承継しますので、加害者の相続人に請求することは...

回答日 2017年12月06日 17:23
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

遺留分減殺請求権の時効は1年と短いですので、遺留分侵害の可能性があるのであれば、遺留分減殺の意思表示をしておくべきです。

回答日 2017年10月30日 17:22
この回答がある質問
遺留分減殺請求

消費者金融からの借入金に係る債権の時効は5年間ですが、それは、5年経てば当然になくなるというものではなく、時効であるとの主張をしなければ、債権は消滅しません。 業者は、時効主張されたら負けるような案...

回答日 2017年10月14日 14:49
この回答がある質問
時効

3名の方の意見が同じであれば可能です。但し、将来、3名の方の中で意見の対立が生じ、どうしても意見の相違が解消されない場合には、弁護士は辞任することになりますので、その旨の説明を受けることになると思い...

回答日 2017年09月26日 11:46

強制執行認諾文言付きの離婚公正証書を作成した場合には、養育費の支払いが滞った場合に直ちに強制執行することは可能になりますが、養育費が実際に確保されるかどうかは保証の限りではありません。 結局、お金が...

回答日 2017年09月23日 12:20

1 - 30 件を表示/全 226 件

現在営業中 09:00 - 17:30
永井敦史法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5280-2878

※永井敦史法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり