永井 敦史弁護士 ながい あつし

永井 敦史弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
愛知県 2

永井敦史法律事務所

愛知県名古屋市緑区青山3-23BLDGロッキー201

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名108 件/匿名:0件

1.裁判は、主張と証拠を区別しますので、反論があるのであれば、準備書面で反論の主張をするべきです。 2.相手方の主張を認めるのか、認めないのかという点については、例えば、 被告準備書面第1項記載...

回答日 2019年02月22日 19:31

弁護士が訴状を書く場合は、請求の趣旨に「…の行為に関して」というのは通常入れません。 請求の趣旨は、例えば、「被告は、原告に対し、100万円及びこれに対する平成〇年〇月〇日から支払済みまで年5分の...

回答日 2019年02月07日 12:13

民法718条は、「動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。」と規定していますので、立証ができれば、治療費や慰謝料の請求は可能だと思います。 犬は噛んでいないということで、そ...

回答日 2019年02月04日 19:53
この回答がある質問
ペットのトラブル

所得税の雑損控除は、災害、盗難、横領による損失に限定しており、詐欺により生じた損失は雑損控除の対象になりません。

回答日 2019年02月04日 10:25
この回答がある質問
消費者被害

保険を使うかどうかは支払時期とは関係ないと思います。 労働審判で調停が成立すれば、問題なく和解金が支払われることが多く、調停が成立したのに支払わないのかレアケースだと思います。

回答日 2018年12月26日 15:46
この回答がある質問
労働審判

限定承認は、相続財産を清算するため手続です。資産があれば、それをお金に変えて借金の返済に充てなければなりません。限定承認をする場合に団信保険が出るのかも要確認だと思います。 負債を返済して余れば相...

回答日 2018年12月26日 12:09
この回答がある質問
限定承認

1.公正証書作成時に交付送達をしていなければ、郵送で送達するしかないと思います。 2.仮差押え以外にいい方法は思いつきません。 3.公正証書の送達と差押命令の送達を同時にというのは無理だと思いま...

回答日 2018年11月19日 19:23
この回答がある質問
詐欺

凍結していなければ、暗証番号さえ分かれば、限度額があるにしろATMで引き出せてしまいます。 不動産の売却は、勝手に行うのは無理です。

回答日 2018年10月04日 18:10

親族間であっても贈与税は生じますので、贈与税が発生することになろうかと思います。 住宅取得等資金を贈与した場合の贈与税の非課税も適用が難しいような気がします。 ご両親から相談者様に贈与する形...

回答日 2018年06月15日 11:37

相続放棄をしなければ、お母様と相談者様になります。 相続放棄をすると、その方は納税義務は引き継ぎません。

回答日 2018年06月07日 19:54
この回答がある質問
差し押さえ

課税処分に不服があるなら、再調査の請求又は審査請求をすることが考えられます。

回答日 2018年06月07日 19:40
この回答がある質問
税務訴訟

1.可能です。 2.海外に居住している方であっても、贈与税がかかる場合には、翌年の2月1日から3月15日までの期間内に贈与税の申告をし、3月15日までに納付することが必要になります。   申告し...

回答日 2018年03月30日 17:58

相続により財産を取得した者が被相続人から3年以内に贈与を受けていた場合には、その財産は相続財産に加算して相続税を計算します(生前贈与加算)。 しかし、それは税金の計算上の話であり、民法上の話ではあ...

回答日 2018年01月24日 15:37

よく分からないのですが、従業員としてその会社の新店舗の開店準備を担当していたということでしょうか。 従業員が辞めても、別の従業員を当てればよく、店舗改装費用が無駄になるということにはならないため、...

回答日 2018年01月15日 17:01
この回答がある質問
退職 損害賠償

租税特別措置法70条により、相続により取得した財産を取得後申告期限までに一定の団体に贈与した場合には、その財産は相続税の課税対象でなくなります。 私は、取得した財産を申告期限までに贈与すればよいと...

回答日 2017年12月18日 22:04
この回答がある質問
相続

このケースは婚約不履行に基づく損害賠償請求が可能と思われます。

回答日 2017年12月18日 20:39
この回答がある質問
養育費

1.営業妨害になり得えることをお伝えして、お引き取り願うという方法があると思います。また、場合によっては、警察を呼ぶことも必要かもしれません。 2.別居するのはその人の判断ですが、それまでの生活(...

回答日 2017年12月07日 13:53
この回答がある質問
性格の不一致

不法行為が成立する場合には、加害者に損害賠償をする義務が生じます。それは逮捕の有無とは別問題です。そして、加害者の死亡により、相続人がその損害賠償義務を承継しますので、加害者の相続人に請求することは...

回答日 2017年12月06日 17:23
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

遺産分割協議書の写しの添付は求められていますが、名義変更後の全部事項証明書の添付は求められていませんので、申告期限内に名義変更をしなければならないわけではありません。

回答日 2017年10月11日 17:59

強制執行認諾文言付きの離婚公正証書を作成した場合には、養育費の支払いが滞った場合に直ちに強制執行することは可能になりますが、養育費が実際に確保されるかどうかは保証の限りではありません。 結局、お金が...

回答日 2017年09月23日 12:20

民法の詐害行為取消権は、債権者が取消しの原因を知った時から2年間で時効になります。 破産法の否認権も破産手続開始の日から2年間を時効期間としています。 生前贈与をしたときから2年間ではありません。 ...

回答日 2017年09月23日 10:54
この回答がある質問
個人再生

① 時効期間は5年になりますので、時効の援用ができる可能性があります。訴訟を提起されるなど時効の進行を止める措置が講じられていないことが前提とはなりますが。 ② 期限の利益喪失日から起算することは可...

回答日 2017年09月22日 14:06
この回答がある質問
時効

親名義の建物を使用貸借で借りたとしても、それだけで贈与税は課税されないと思います。 家の名義が自分名義で、その家のリフォーム費用を親に出してもらった場合には、贈与税が課税される可能性があります。家...

回答日 2017年09月04日 12:35

そうだとすると、特別受益を考慮したら、1900万円が遺産全体となり、子2人が分けるとなると、1人当たり950万円になります。相手方は死因贈与で既に800万円相当の不動産を取得しているので、残った遺産...

回答日 2017年09月01日 18:14
この回答がある質問
死因贈与

① 生存中に名義変更をすれば、贈与があったと扱われ、贈与税がかかることになります。   相続税よりも贈与税の方が高いのが通常ですので、生前に名義を変更するよりも相続又は 遺贈により名義を変更した方が...

回答日 2017年08月25日 13:13
この回答がある質問
相続手続き

そのような認識で結構です。 第1順位の相続人が全員相続放棄をすると、次の順位の相続人が相続をすることになりますので、負債があることを理由に相続放棄する場合には、次の順位の方にも連絡をして相続放棄を促...

回答日 2017年07月21日 11:26

会社宛のお中元は、会社(法人)のものになると思われます。

回答日 2017年07月06日 16:50
この回答がある質問
企業法務

保育士試験は、筆記試験と実技試験があるようですが、どちらも土日に行われるようですし、そのような試験の性質上、それが地方公務員法第38条に反するとは解されないと思います。

回答日 2017年06月22日 18:25
この回答がある質問
副業

合同会社の持分にも質権は設定可能と解されています。 税金に優先するかどうかは、質権の設定と税金の法定納期限等の前後によります。 質権設定前に既に滞納している税金があるのであれば、税金が優先します。

回答日 2017年06月21日 12:20

税務署が滞納処分で回収するかどうかが問題となると思います。 ただ、相続人が誰もいなくなった場合には、相続財産管理人を選任しないといけませんので、回収見通しにもよるのだと思いますが、そこまでやった実例...

回答日 2017年06月21日 11:59
この回答がある質問
相続放棄

1 - 30 件を表示/全 108 件

永井敦史法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5280-2878

※永井敦史法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり