梅村 正和弁護士 うめむら まさかず

梅村 正和弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
不動産・建築
全国 3
遺産相続
全国 29
愛知県 1

リアルバリュー法律事務所

愛知県名古屋市昭和区北山町3丁目10番地の4
現在営業中 09:00 - 18:00
電話番号 050-5861-8866
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:11,325 件/匿名回答数:52件

契約書の作成とは 契約当事者が契約書に署名押印することです。 署名が無いのであれば契約書を作成したことになりません。 単なる契約書の書式です。 契約をすれば義務や権利が発生しますが、 契約...

回答日 2019年05月20日 21:59
この回答がある質問
契約の解除

賃貸借契約の当事者は貸主と借主です。 賃貸借契約をしてないのに地代請求しても 地代を払えという判決が出るわけがありません。

回答日 2019年05月20日 18:22
この回答がある質問
契約の解除

大家は正当事由がないと立ち退き請求する権利がありません。ただの立ち退いて欲しいというお願いにすぎません。 正当事由は、大家自身が病気や災害のために貸している物件に住まなければならなくなったというよ...

回答日 2019年05月20日 17:53
この回答がある質問
立ち退き料

賃貸借契約をしないのであれば地代はあり得ません。 賃貸借契約をするかどうかは当事者の自由です。

回答日 2019年05月20日 17:45
この回答がある質問
契約の解除

部署の名称は自治体によって異なります。 都道府県の宅建業者監督部署になるでしょう。

回答日 2019年05月20日 17:43
この回答がある質問
不動産契約

監督官庁は宅建業者に対して一定の指示をすることができ、 指示に従わない場合に営業停止処分にすることができ、 営業停止処分を受けても営業する場合には罰則もありますが、 あくまでも 「指示をする...

回答日 2019年05月20日 01:04
この回答がある質問
不動産契約

原状回復は元の状態に戻して返すということですが 通常の使用による経年劣化や老朽化を新品にする義務はありません。 通常の使用による色変わりは原状回復の内容ではありません。 色の差を分からないよう...

回答日 2019年05月20日 00:37

1.地代を決めて借地契約をしない限り、できません。 2.課税上は、建物を取得するだけなので、取得税や固定資産税は自動的に決まってきます。取得費の原資との関係や住宅控除等の可能性については税理士など...

回答日 2019年05月18日 12:36
この回答がある質問
契約の解除

現状ではなく原状ですが、 法的には費用を負担するのではなく 借りた時の元の状態(原状)に戻す義務があるのみです。 本を借りた場合に、 付箋を貼ったりしていれば、それを剥がして借りた時の状態に...

回答日 2019年05月18日 12:27

原因がはっきりしてないなら 法的な方法はありませんので、 土木業者や配管業者などの専門家に調査してもらって 原因をある程度明らかにする必要があります。 原因が隣人にあることが明らかになれば ...

回答日 2019年05月18日 12:21

隣地が確定測量をするということでしょうか。 確定測量に隣地所有者の承諾が必要かどうかは、必ずしも法的な要件ではなく、バブル時代に地上げ屋が色々とやったために、法務局の事務の運用として隣地所有者の承...

回答日 2019年05月16日 18:50
この回答がある質問
労働

相手の訴状の内容や、これまでの具体的な経緯、証拠のそろい具合にもよるので、 何とも言えません。 案件として難しくなりそうですので、金額的にも、訴えられたら弁護士に依頼した方が(少なくとも直接の相...

回答日 2019年05月09日 00:20

強制執行の期限ではなく、 権利が時効消滅しない限り強制執行できます。 差押えなどの裁判所を介した手続などすれば、その時点で時効は中断し、そのときから10年というように変わりますので、時効消滅する...

回答日 2019年05月07日 22:52
この回答がある質問
強制執行

取締役の重過失で相手に損害を与えた場合には、 会社法上、取締役は損害賠償責任を負うことがあります。 たとえば、会社が契約履行できない場合に、それが会社の取締役の重過失によってそのような状態になっ...

回答日 2019年05月07日 22:38

> もともと家が建っていたものを買ったので現状回復ということから > 家を解体しないで返すということでよろしいでしょうか? 家の売買は地主とは関係のないことなので、このように言うこと...

回答日 2019年05月07日 22:33

>更新が平成31年4月31日となっているのですが、 >不動産からは去年の9月に更新拒否している為 この記載からは、日本語として、 賃貸借契約書に平成31年4月31日(30日?)に契約が自動更新...

回答日 2019年05月07日 22:23

大家に対して支払うべきものなのは 適切に部屋を使用しなかったという契約違反によって大家に発生した損害の賠償です。 2階の人へのお見舞い金は、 法律的には、重過失があれば損害賠償ですが、 通常...

回答日 2019年05月07日 22:12
この回答がある質問
賃料の交渉

あなたの所有しているアパートの一室を貸したということでしょうか。 無償で貸借するのは使用貸借と言いますが、使用貸借も一つの契約なので、 契約した以上は、一方的に解約できないのが原則です。 なお...

回答日 2019年05月03日 00:26
この回答がある質問
使用貸借

他の賃借人に対しては契約関係があるわけではないので、 交通事故を起こしたときと同じ不法行為責任になります。 ただ、失火の場合の不法行為責任は、重大な過失があるときにだけ責任を負います。 なので...

回答日 2019年05月03日 00:17
この回答がある質問
賃料の交渉

調停の申立書を裁判所に提出することになりますが、 弁護士に依頼しないのなら ネットや本で調べて作成することになります。 申立書の内容によって添付資料(訴訟の証拠に当たるもの)も提出します。 ...

回答日 2019年05月03日 00:08
この回答がある質問
契約書

法定利息できちんと計算して算出された額なら有効です。

回答日 2019年04月30日 00:02

専用通路というのが具体的にどうのようなものなのか(位置指定道路でないのなら、隣地通行権? 建築基準法上の道路? 建築基準法43条1項ただし書き?)や、そのようなことになった経緯が分からないと回答困難...

回答日 2019年04月29日 23:57
この回答がある質問
接道義務

借主に過失があるとは言えないので 大家が修繕すべきとの主張は可能ですが、 大家が無視した場合、 裁判沙汰にして修繕しろと請求するか、 取り敢えず自分の費用で修繕した後に裁判沙汰にして修繕費用...

回答日 2019年04月29日 23:49

ただの難クセなので突っぱねても構いません。 ただし、父ではなくて、婿(婚姻しているということ?)があなたの娘さんに大して慰謝料請求とかする余地はあるかもしれません。

回答日 2019年04月29日 23:43
この回答がある質問
不動産・建築

土地の分筆の経緯によりますが、 囲繞地通行権を理由として閉めることを禁じる請求を 裁判沙汰(調停や訴訟)にしてするしかないかもしれません。 無道路地であれば囲繞地通行権自体は裁判で認められるは...

回答日 2019年04月29日 23:40
この回答がある質問
契約書

改正民法で436条で1人に対し請求することができます。

回答日 2019年04月29日 23:36
この回答がある質問
不動産・建築

信頼関係を破壊したと言えるかどうかの解釈の問題になります。 通常、婚姻して2人になった場合にも出ていかなければならないとすれば、 賃貸借契約という契約で結婚することを禁じているということになって...

回答日 2019年04月29日 23:27

通常の売買契約では買主が負担することが多いでしょう。 車で言えば登録料みたいものですので。

回答日 2019年04月29日 23:20

大家は正当事由がなければ立ち退き請求できません。 正当事由とは、大家自身が災害や病気のために貸している物件に住まなければならなくなったというような強い理由が必要です。 また、正当事由がある場合で...

回答日 2019年04月27日 17:19
この回答がある質問
契約書

40年前に売買契約をして買っているなら 登記名義が前の所有者のままでも所有権は買主に移っています。 なので、前の所有者(亡くなっていれば相続人)に対して、土地所有権に基づいて所有権移転登記請求を...

回答日 2019年04月27日 17:16

1 - 30 件を表示/全 11,325 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:00 - 18:00
リアルバリュー法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5861-8866

※リアルバリュー法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
電話予約のみで土日、祝日、夜の相談OK
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験
不動産鑑定士・宅建
不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。
事務所の対応体制
完全個室で相談